FC2ブログ

◆商品の検索にご利用ください◆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いじめでの自殺は労災と認定されることで今後はどうなる


いじめって子供たちの中での話ではなく大人社会でも多くあるらしいですね。
大の大人が人の心が病むまで攻める。
あってはいけないことですね。

父親が自殺したのは部下の中傷が原因として、
神奈川県に住む遺族が国の遺族補償給付金不支給処分の取り消しを
求めた訴訟で、東京地裁は20日、処分を取り消す判決を言い渡したそうです。
原告側の川人博弁護士によると、部下の嫌がらせが原因で自殺したケースで、
労災と認めた司法判断は初めてとのこと。

表立ってはいないものの、上司や会社から迫害されたり、
最悪の場合うつ→自殺という道をたどってしまったりするケースって、
少なくないのではないでしょうか。
今回の判決は考えさせられるものがありますね。

自殺したのは、「小田急レストランシステム」の社員だった男性で、
同社の経営するレストランの料理長や店長を務めたていたが、
「金庫から金を盗んだ」「女性にセクハラをした」「盗んだビールを飲んだ」
などと書かれた中傷ビラを部下にまかれたり、家族や本人に危害を与えるかのような
発言をされ、さらに事実無根を訴えたものの会社異動を命じられ、
直後に自殺したとのこと。

人のねたみは怖いです。そして言葉はとてつもなく怖い凶器となります。
命を絶たなければならないほどのいじめをしたことをその人は気がついて
いるのでしょうか?繰り返さないことをねがいます。

<不支給処分>部下中傷で自殺は労災 東京地裁
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090520-00000064-mai-soci

スポンサーサイト
おすすめ


~格安航空券はもう買わない!~『驚きの無料航空券入手法』

最近の記事
カテゴリー
  • seo
タグ

RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。