◆商品の検索にご利用ください◆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界の水道

世界の水道

世界の水道

価格:3,150円


安全な飲料水を求めて 著者:海賀信好出版社:技報堂出版サイズ:単行本ページ数:254p発行年月:2002年04月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)本書は、科学を専攻しオゾンの応用開発を目的に企業に入った者が、一人で世界各地の水道を調べ歩いた記録である。



誰もが人権として得ることができる「水と空気、太陽」、その「水」について世界25箇国をまわり、ここに主要都市63箇所の状況をまとめた。

【目次】(「BOOK」データベースより)1 明日の水道に向けて(世界の水道水を高感度に簡易分析(ドイツにおける水源と処理工程)/水道水の蒸発残留物の簡単な測定(軟水から硬水まで、示差屈折率で分析する) ほか)/2 ヨーロッパ(ロンドン(オゾン、粒状活性炭と緩速ろ過の組合せ)/ケンブリッジ郊外(表流水にオゾンと粒状活性炭、地下水にイオン交換樹脂) ほか)/3 アメリカ(オークランド(異臭味除去が主体のオゾン処理)/サンフランシスコ(前オゾン処理導入による水質改善) ほか)/4 アジア、豪州(ソウル(市民参加による水質評価委員会で水質を管理)/大邱(フェノール汚染事故によりオゾン、生物活性炭の導入) ほか)/5 記録(ボトルウォーター(一九八七年の国際オゾン会議に際して)/チェルノブイリ原発事故(浄水処理による放射能変化) ほか)【著者情報】(「BOOK」データベースより)海賀信好(カイガノブヨシ)1972年東京理科大学大学院理学研究科博士課程修了/理学博士。

1973年東京芝浦電気株式会社、重電技術研究所入社、水処理技術・オゾン応用・材料技術担当。

1984年株式会社東芝官公システム事業部水道技術担当、ヨーロッパの水道事情調査。

現在、株式会社東芝社会インフラシステム社公共システム技術第一部(2000年より、埼玉県環境科学国際センター客員研究員)。

日本化学会、日本水環境学会、水質問題研究会、公共設備技術士フォーラム、日本医療・環境オゾン研究会に所属、国際オゾン協会理事、日本景観学会理事、日本オゾン協会運営幹事、グリーンケミストリーサービス協会学術委員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。

・本> 科学・医学・技術> 工学> 建設工学




スポンサーサイト
おすすめ


~格安航空券はもう買わない!~『驚きの無料航空券入手法』

最近の記事
カテゴリー
  • seo
タグ

RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。