FC2ブログ

◆商品の検索にご利用ください◆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

教え子と教授の間に何があったのか

犯人が捕まったのはいいのですがそれが教え子となったのは
大学の生徒や教授らは不安がつきまといそうです。

東京都文京区の中央大学後楽園キャンパスで1月、
同大理工学部教授の高窪統さん(45)が刺殺された事件で、
殺人容疑で逮捕された同大卒業生で元教え子のアルバイト店員、
山本竜太容疑者(28)が警視庁富坂署捜査本部の調べに、
「最初から先生を殺害するつもりで現場に行った」という
趣旨の供述をしていることが22日、分かったそうです。

山本容疑者は捜査本部のこれまでの調べに、
「高窪先生を刃物で何回も刺して、殺したことは間違いありません」
と供述しているが、動機については「今は話したくない」
と供述を拒んでいるとのこと。
山本容疑者について「思い込みが激しい」との証言が寄せられているそうで、
今後精神鑑定なども必要となってくるでしょう。

いやな表現ですが、何度も刺しているところから、
相当に恨みを募らせていると思います。
思い込みが強いというところからも、何かちょっとしたことでの
逆恨みという可能性もありますね。
動機が何だったのか、気になるところです。

人の命を奪わないと気が済まないほどの怒りとか恨みとは
いったいどんなことだったのでしょうね。

山本容疑者「最初から先生を殺害するつもりで行った」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090522-00000553-san-soci
スポンサーサイト
おすすめ


~格安航空券はもう買わない!~『驚きの無料航空券入手法』

最近の記事
カテゴリー
  • seo
タグ

RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。